玉置知彦、「現象學と唯識論 ― 時間について―」
唯識論を現象學の觀點から解明することが最も效力を發揮するのは時間に關してである。それは現象學的還元と云ふ方法が兩者に共通してをり、しかもその方法が時間に關して徹底した形で適用されてゐるからである。
『成唯識論』では、現在すなはち「刹那」のみが有り、「去來生は、(中略)應に空華の如く、實有性に非ざるべし」とされてゐる。つまり過去や未來は存在するものとして扱はれるのではなく、現象學的還元により「空華の如く」とされ、「實有」の性格は「非ざるべし」として停止される。
このやうにして「刹那」としての現在は次のやうに記述される。「初に有るをば生と名け、後に無からむをば滅と名け、生じ已つて相似て相續するをば住と名け、即ち此の相續が轉變するをば異と名く」。 謂はゆる「生住異滅」である。刹那の現在は「生」じ且つ「滅」するのであるが、それは「住」と「異」と云ふ契機で成立してゐる。この二つの契機で何が意味されてゐるのかは、「刹那」に相當する現象學の「生き生きした現在」を參照することで解明することが出來る。
「生住異滅」と云ふ形で記述された「刹那」は、「徹底した還元」が試みられてをり、時間が生じてくることに迫る記述である、或いは先時間である。從つて、「住」や「異」と云ふ表現は、時間の中に現はれるものの記述と見做されてはならない。自然的態度のままで『成唯識論』を讀んでも理解できな所以である。
「轉識の波浪を生じ、恒に無間斷なること、猶し瀑流の如し」との表現は、阿頼耶識のことであり、「我」が現はれる以前の先時間が述べられてゐる。現象學の「流れること」も同じくそこから「自我」が發生して來る先時間である。「生」や「滅」はもちろん「生き生きした現在」の記述であるが、「自我」の發生といふ觀點から見ることができ、その場合には「生」と「滅」は、「生」と「死」を徹底的に還元したものと讀むことが出來る。「生老病死」とは客觀時間の記述であり「我」に對して生じる出來事の記述であるが、これを徹底的に還元すれば「生住異滅」となり、「我」や「器世間(環境)」が發生する根源に遡つてゐると看做すことが出來る。
以上「徹底した還元」と云ふ觀點から唯識論の「刹那」が理解できることを述べた。本發表では時間の基本概念である現在の「三項構造(予持、原印象、把持)」や、「横の志向性」や「縱の志向性」の考へ方を用ひて、更に具體的に唯識論の時間を理解することを試みる。
以上
[PR]
# by husserl_studies | 2007-12-19 09:27
フッサール研究第四・五号
*リンク先はすべてpdfファイルとなっています。
**第二部に含まれる論文のうち、第四回フッサール研究会で発表された論文については、こちらからご覧になってください。


第一部:第一回国際現象学会議

ハンス・ライナー・ゼップ(谷徹訳) 「生:内部ー外部

Xianghong Fang "Why Face Colors up? On a Phenomenological Space of Shame Feeling"

Søren Overgaard "What, If Anything, Can Phenomenology Teach Psychopathology (and vice versa)?"

Peter Ha "Heidegger's Concept of the Spatiality of Dasein -The philosophical discourse on the localization in the global age-"

Shinya Noé "In Search of the Totality of Experience: Husserl and Varela on Cognition"


第二部:第五回フッサール研究会

村田憲郎 「自由のメディアとしての身体 ムカント、ベルクソンからフッサールへ

吉川孝 「感情のロゴス・理性のパトス——フッサールの倫理学史とフッサール倫理学の可能性——

植村玄輝 「実的なものの現象学の限界 命題のスペチエス説はなぜ放棄されたのか

齋藤暢人 「『論理学の発生論』の論理 ——形式的存在論の視点から——

谷口純子 「言語と身体性

八重樫徹 「自己責任の根拠としての明証
[PR]
# by husserl_studies | 2007-03-14 16:40 | 『フッサール研究』
第六回フッサール研究会プログラム
3月17日(土)、18日(日)に関西大学セミナーハウス (飛鳥文化研究所)で開催される、第六回フッサール研究会のプログラムの詳細をお知らせします。


3月17日(土)
11:30-12:00
受付

12:00-13:00
昼食

13:00-14:20
江口健氏「フッサールにおける「原−自我(Ur-Ich)」の思想−『イデーンII』と『ベルナウ草稿』の狭間で−」 (要旨)

14:30-18:30 シンポジウム 「境界線上の現象学」
 提題者:
・河本英夫氏(論題)「システム現象学」
・加國尚志氏「現象学を離れる50の方法ーメルロ=ポンティの肉と生殖の非現象学」
・染谷昌義氏「知覚を認識論の軛から解放せよ_エコロジストが周囲環境にこだわる理由」
 司会:谷徹氏

18:30-19:30
夕食

20:00-21:20  
吉竹浩克氏 「『論理学研究』における知覚の構造について」(要旨)

21:30
懇親会


第2日目:3月18日(日)
08:00-09:00
<朝食・チェックアウト>

09:20-10:40 
小手川正二郎氏 「レヴィナスにおける還元の問い」 (要旨)

10:50-12:10 
佐藤駿氏 「知覚意味のダイクシス−ノエマにおける「指示」の問題 をてがかりに」 (要旨.)

12:10-13:00
昼食

13:10-14:30
南孝典氏 「『危機』における「カント批判」について」 (要旨)

14:30-15:00
ミーティング(来年度の世話人・幹事の決定と引継ほか)
解散
[PR]
# by husserl_studies | 2007-01-12 00:06 | フッサール研究会
南孝典 「『危機』における「カント批判」について」
.

More
[PR]
# by husserl_studies | 2007-01-12 00:01 | 研究発表要旨
佐藤駿 「知覚意味のダイクシス−ノエマにおける「指示」の問題 をてがかりに」
.

More
[PR]
# by husserl_studies | 2007-01-11 23:59 | 研究発表要旨
小手川正二郎 「レヴィナスにおける還元の問い」
.

More
[PR]
# by husserl_studies | 2007-01-11 23:55 | 研究発表要旨
吉竹浩克 「『論理学研究』における知覚の構造について」
.

More
[PR]
# by husserl_studies | 2007-01-11 23:53 | 研究発表要旨
江口健「フッサールにおける「原−自我(Ur-Ich)」の思想−『イデーンII』と『ベルナウ草稿』の狭間で−」
.

More
[PR]
# by husserl_studies | 2007-01-11 23:44 | 研究発表要旨
バックナンバー
創刊号(2003.3)
第2号(2004.3)
第3号(2005.3)
第4号(2006.3)New!!


*三村尚彦さんのご協力で関西大学のサーバに原稿を置かせていただいています。
[PR]
# by husserl_studies | 2007-01-10 21:11
2007年の研究会
3月17日(土)、18日(日)に関西大学飛鳥セミナーハウスで開催の予定です。
詳細が決まり次第掲示します。
[PR]
# by husserl_studies | 2006-05-12 23:35