フッサール研究会特別企画「フッサールの新資料を読む(4):『生活世界』」
2015年11月6日(金)、18時〜21時
同志社大学 室町キャンパス 寒梅館6階 大会議室
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/muromachi.html

企画・司会:植村玄輝
報告者:吉川孝(高知県立大学)、*山口弘多郎(大阪大学)

開催趣旨
今世紀に入ってからのフッサール研究に特有の事情の一つとして、全集『フッセリアーナ(Husserliana)』をはじめとした一次資料の刊行される勢いが明らかに増したということがあげられる。1950年の刊行開始から2000年までのちょうど50年では、(分冊も別々に数えるならば)合計32冊が全集として世に送り出されており、フッサールの一次資料が公になるペースは、平均すると一年に0.64冊でしかなかった(『フッセリアーナ記録集(Husserliana Dokmente)』第三巻として刊行された全10冊の書簡集のうち、索引を除く9冊をそこに加えたとしても、平均刊行ペースは一年に一冊に満たない0.82冊である)。それに対して2001年から2015年までの14年間では、『フッセリアーナ』として14冊、2001年に新設された『フッセリアーナ資料集(Husserliana Materialien)』として9冊が出版されている。つまり今世紀に入ってからは、一年に約1.71冊というそれまでの三倍弱(あるいは二倍以上)のペースで一次資料が新たに登場しているのである。もちろんこれらの資料には分量にも難度にもばらつきがあるため、単純な計算だけから結論を導くことはいささか安易ではある。だがそうはいっても、気づけば次の巻が出ているというここ十年あまりの状況を目の当たりにして途方に暮れたフッサール研究者は少なくないのではないだろうか。これでは全部を読むことはもちろん、読んだふりをすることさえできないよ、と。

以上のような事情によりよく対処することを目的した研究会の第四弾として、今回は『フッセリアーナ』第39巻『生活世界:先立って与えられる世界とその構成に関する考察』(2008年刊)を取り上げる。これまでに刊行された全集のなかで分量が一番多い——編者序文と原文校訂注を含むと1000ページを超える——この巻は、メインタイトルからは若干わかりにくいのだが、さまざまなトピックを扱う草稿を収めている。それらの草稿で緩やかに共有されている問題は、この巻のサブタイトルにもあるように世界の現象学的な構成分析である。(この点を少しわかりにくくしているようにも見える『生活世界』というメインタイトルは、おそらく、ここでとりわけ問題になる世界が直観によって与えられ、そのかぎりで学問以前の世界であるためだろう。)本研究会では、この巻を二人の報告者による分担で、二つの角度から取り上げる。まず山口が、前半部(第I–III、V–VI部)を中心に「生活世界と周囲世界」というテーマで報告を行う。次に吉川が、後半部(第IV、VII–X部)を中心に「確実性、真理、規範」というテーマで報告を行う。これらの報告によって、この巨大な巻の見取り図がえられることが期待される。

タイムテーブル
18:00~18:10 司会者による趣旨説明とイントロダクション
18:10~18:50 報告1:山口弘多郎
18:50~19:30 報告2:吉川孝
19:30~19:45 休憩
19:45~21:00 ディスカッション
[PR]
# by husserl_studies | 2015-10-01 18:36 | フッサール研究会特別企画
フッサール研究第12号(2015)
研究論文
成瀬翔
ノエマと心的ファイル

松井隆明
現象学的還元と構成の問題:フッサール超越論的観念論の基本的構図

丸山文隆
ハイデッガーの超越論的観念論 :「ブリタニカ」草稿を手がかりに

満原健
西田幾多郎による志向性理論批判

Andrea Altobrando
The Limits of the Absolute Consciousness: Some Remarks on the Husserlian Concept of Monad

特集「フッサールと現代形而上学」
秋葉剛史
フッサールの性質構成論と性質の因果説

早坂真一
態度的対象の存在論と志向性:フッサールと現代形而上学の交差点

特別寄稿

中畑正志
志向性と意識:ブレンターノをめぐる覚書

フッサール研究会特別企画:鈴木俊洋著『数学の現象学』合評会より
秋吉亮太
鈴木俊洋『数学の現象学』に関するいくつかのリマーク

稲岡大志
最初の幾何学者はいかにして恣意性の鉛筆を折ることができたか?



フッサール研究第12号 2015年4月 目次(PDF版)

★★
論文の著作権は各著者に属する。また無断転載を禁じる。

凡例
本誌におけるフッサールの引用・参照は、基本的に『フッサール全集』(Husserliana)
にもとづく。『全集』の巻数とページ数は、それぞれ大文字ローマ数字、アラビア数
字で示される。(ただし、編者による序文の引用・参照の際には、小文字ローマ数字
が用いられる。)なお、Husserliana Materialien からの引用にあたっては、巻数の前に
「Mat.」という略号が添えられる。
編集:佐藤駿・鈴木崇志
[PR]
# by husserl_studies | 2015-04-23 12:39 | 『フッサール研究』
「フッサールの新資料を読む(3):『超越論的観念論』と『論理学研究補巻』第一分冊」
2014年3月13日(金)
慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎514番教室

企画・司会:植村玄輝(立正大学/高知県立大学)
報告者:松井隆明(東京大学)、佐藤駿(東北大学)

開催趣旨
今世紀に入ってからのフッサール研究に特有の事情の一つとして、全集『フッセリアーナ(Husserliana)』をはじめとした一次資料の刊行される勢いが明らかに増したということがあげられる。1950年の刊行開始から2000年までのちょうど50年では、(分冊も別々に数えるならば)合計32冊が全集として世に送り出されており、フッサールの一次資料が公になるペースは、平均すると一年に0.64冊でしかなかった(『フッセリアーナ記録集(Husserliana Dokmente)』第三巻として刊行された全10冊の書簡集のうち、索引を除く9冊をそこに加えたとしても、平均刊行ペースは一年に一冊に満たない0.82冊である)。それに対して2001年から2014年までの13年間では、『フッセリアーナ』として14冊、2001年に新設された『フッセリアーナ資料集(Husserliana Materialien)』として9冊が出版されている。つまり今世紀に入ってからは、一年に約1.77冊というそれまでの三倍弱(あるいは二倍以上)のペースで一次資料が新たに登場しているのである。もちろんこれらの資料には分量にも難度にもばらつきがあるため、単純な計算だけから結論を導くことはいささか安易ではある。だがそうはいっても、気づけば次の巻が出ているというここ十年あまりの状況を目の当たりにして途方に暮れたフッサール研究者は少なくないのではないだろうか。これでは全部を読むことはもちろん、読んだふりをすることさえできないよ、と。

以上のような事情によりよく対処することを目的した研究会の第三弾として、今回は『フッセリアーナ』からフッサールの観念論的主張に関わる二つの巻を取り上げる。まずは松井が『超越論的観念論』と題された全集第36巻(2003年刊)について報告する。1908年から1921年までの超越論的観念論に関わるテクストを集成したこの巻は、「レアルな現実世界の存在はそれを経験する顕在的な意識なしにはありえない」というフッサールの観念論的主張が練り上げられる過程のドキュメントとしてきわめて重要である。とりわけ特筆に値するのは、この巻に収められたテクストでフッサールは現象学的還元という方法に(少なくとも明示的に)訴えずに観念論的主張を擁護しているという点だろう。この事実をどうやって受け止めるべきなのかという問題は、ディスカッションの時間にじっくりと検討したい。次に佐藤が、『論理学研究』の補巻として2002年に公刊された第20巻代一分冊に関して報告する。フッサールが1913年の夏に着手しはじめた『論理学研究』第六研究の改訂――この試みは結局頓挫する――のための草稿を集めた本巻は、「フッサールの新資料を読む」研究会第一回でも取り上げられた『論理学研究補巻』第二分冊における新たな記号論のきっかけとなる考察に加え、フッサールの超越論的観念論において重要な役割を果たす二つの可能性概念(「イデア的可能性」と「レアルな可能性・動機づけられた可能性」)に関する詳細な議論を含む。佐藤の報告は、とりわけこの論点に着目することになる。


タイムテーブル
15:00~15:10 司会者による趣旨説明とイントロダクション
15:10~15:50 報告1:松井隆明
15:50~16:30 報告2:佐藤駿
16:30~16:45 休憩
16:45~18:00 ディスカッション
[PR]
# by husserl_studies | 2015-02-02 13:13 | フッサール研究会特別企画
加藤康郎「現象学的美学の可能性について」
美学という学問は、1750年にアレクサンダー・ゴットリープ・バウムガルテン(1714-1762)がその著書『美学(Aesthetica)』を発表したときを以って始まるとされる。
その考え方は、「芸術の本領は美にあり、美は感性により認識される」というものであり、「芸術、美、感性の同心円的構造」を前提とするものであった。つまりそれは、その基盤が「感性」にあることからも、また著作のタイトルからもわかるとおり、まさに「感性学」として成立したのである。
しかし皮肉なことに、その後、このような学を取り巻く環境は大きく変化してゆく。つまり「美しくない芸術」が登場し、それどころか昨今では、「芸術」という概念さえ、曖昧でとらえどころのないものになってきている。
そしてこうした状況のなかで、これまで「美学」と呼ばれてきた学問にもさまざまな批判が寄せられ、根本的な反省を迫られるようになったのである。「芸術は美を目指す」という考え方は妥当であろうか、といったこともそうした批判や反省のひとつである。
この発表では、以上のような現状把握に立って、現象学的美学の可能性について、すなわち芸術作品が体現しようとしているものを「美」から「真」に、すなわち「真理」、「真実」に置き換えることの可能性について検討したいと考える。
発表では、斎藤慶典『知ること、黙すること、遣り過ごすこと』を手がかりとして、まず美しくはない作品の例、それも極端なケースとして、技量を伴わず、色彩もない、二歳女児の絵を取り上げ、そのような作品がいささかでも人を感動させることがありうるとしたら、それはなぜなのかを明らかにする。
つぎに、そこで得た結果を『存在と時間』第44節の内容(ハイデガーの真理論)と比較しつつ、その「真理の輝きとしての美」という考え方が、演劇、および戯曲・小説などの文芸の芸術論において有効であることを説明する。事例として、日本の伝統的な演劇・文芸を取り上げるが、これは日本の伝統芸術の美学の中心を占める歌論すなわち和歌の美学に対して、演劇・文芸についての新たな美学の可能性を探るものでもある。
[PR]
# by husserl_studies | 2015-02-02 13:05 | 研究発表要旨
石井雅巳「『全体性と無限』における享受論の実在論的読解ーレヴィナスはいかなる意味で現象学的か」
本発表の狙いは、国内における一連の現象学的実在論にかんする研究に依拠しつつ、レ ヴィナス『全体性と無限』(1961 年)第二部――いわゆる享受論――をある一つの現象学的 実在論の試みとして描き出すことである。とはいえ、レヴィナスは『全体性と無限』にお いて、現象学的実在論を展開したミュンヘン・ゲッチンゲン学派の面々に明示的に言及す ることはない。それゆえ、本発表は、思想史的な影響関係の解明というよりは、インガル デンらの議論を補助線に使いつつ、レヴィナスの記述をいかなる現象学的な態度として受 け取るかという事柄の理解を議論の争点とする。
レヴィナスが処女作『フッサール現象学の直観理論』(1930 年)から一貫してフッサール 現象学から恩恵を受けつつも、フッサールの観念論的−観想的立場に警鐘を鳴らすという両 義的な立場を取っていたことはよく知られているが、こうした立場は、フッサールの観念 論に対立し、実在論を現象学として肯定するインガルデンらと同じ方向を向いているもの と言える。本発表では、『全体性と無限』第二部における1フッサールに見出される表象 の優位についての批判、2身体性への着目によって可能になる、表象の次元から享受の次 元への転換、3享受による我々及びその知覚に対する条件づけ、4我々の生の内容であり、 享受の対象である糧とその実在(外在性)の肯定を可能にする元基(élément)といった論点 を取り上げ、レヴィナスによるフッサール批判の眼目を吟味した上で、享受の対象のもつ 実在性にかんする議論を現象学的記述として分析する。
レヴィナスの記述を現象学における観念論/実在論という枠組みで捉えることで、フッ サール現象学にとって本質的とも言える、構成や意味付与などを含めた志向性の議論を批 判しつつも、なぜレヴィナスは『全体性と無限』が「全面的に現象学的な方法に負ってい る」と述べることが出来るのか、というこれまでレヴィナス研究者たちを悩ませてきた問 いに一定の回答を与えることができるだろう。本発表は、上記の仕方でレヴィナスの記述 を正当化し、享受論そのものの理解を一歩先へと進めたい。
フッサールの観念論に対立し、身体性に着目しつつ実在を肯定する点で、レヴィナスと インガルデンは共闘関係にあると言えるが、両者の間に大きな隔たりがあることも事実で ある。本発表ではこの点にも触れ、ミュンヘン・ゲッチンゲン学派とは別の仕方で、現象 学的実在論を探求することも試みる。
[PR]
# by husserl_studies | 2015-02-02 13:04 | 研究発表要旨
高山佳子「フッサールの倫理思想とケアの倫理―生活世界に位置づくケアの倫理の原理的探求に向けて」
本発表は、ケアの倫理をフッサールの「生活世界」概念と接続することがねらいである。心理学者キャロル・ギリガンが主著『もうひとつの声』(Gilligan,1982)において提起した「ケアの倫理(an ethic of care)」は、男性中心の社会的価値規範への問い直しを含んだジェンダーの視点を喚起し、公正な論理的推論による正義の倫理と対比されるかたちでケア対正義論争とよばれる活発な議論を呼んできた。正義の倫理は権利主体としての自律した個人を前提とし、論理形式的推論によって財の公正な配分を指向する権利の倫理であるのに対し、ケアの倫理は、他者との相互依存関係を前提とし、他者を配慮し応答することを指向する責任(応答可能性)の倫理であるとされている。しかしながら、この論争における2つの倫理の関係は、ギリガンの本来の意図に反して、正義の倫理=男性の道徳性、ケアの倫理=女性の道徳性という生物学的決定論にもとづくジェンダーの見方によって規定されている。その際、ケアの倫理は女性に特有の感情的・個人主義的な道徳として、普遍主義にたつ正義の倫理を補完する周縁的位置づけにおかれることになる。ギリガンは、そのようなケアの倫理の見方は家父長的パラダイムにもとづくものであると批判し、「ケアの倫理のいかなる議論も枠づけの問題とともに始めなくてはならない」と述べて従来の枠組みの見方からのパラダイムシフトを主張している。パーソナリティ発達の観点からアイデンティティ形成と道徳性との関係を重視するギリガンにおいて、人間の自律とその道徳性は、男女にかかわりなく、正義の倫理とケアの倫理とが不可分な2つのアスペクトとして対等かつ相補的に作用してはじめて可能になるものであり、ケアの倫理は人間生活の基本である関係性にかかわる点で万人に妥当する倫理と考えられている。こうしたギリガンの本来の主張を正しく捉え、ケアの倫理を万人に妥当する関係性の倫理として主張するためには、正義の倫理とケアの倫理の関係をパラダイムシフトの視点から新たに捉えなおすとともに、ケアの倫理を哲学的原理的に探求していく作業が不可欠であろう。そのための重要な糸口となると思われるのがフッサールの倫理思想である。
本発表では、ギリガンのケアの倫理をフッサールの「生活世界」概念と接続し、フッサールの『倫理学入門 1920/1924年夏学期講義』における理論と実践の捉えなおしに関する議論を中心に、ケアの倫理を生活世界に位置づく実践理性としてフッサールの生の倫理学のもとで哲学的原理的に探究していくことの意義を示したい。
[PR]
# by husserl_studies | 2015-02-02 13:03 | 研究発表要旨
Nicola Liberati "The Borg-eye and the We-I”
The aim of my work is to analyse the possibility of the production of a collective living body [Leib] thanks to wearable computers and to probe what such innovation yields.
Nowadays the topic of collectivite subjects raises interest in the phenomenological research and there are many new studies concerning collective intentionality and collective emotions. These works focusses their attention on the “nature” of a plural subject in a “We-form” instead of a more classic conception of a single subject related to an “I-form”.
However, even if these studies tackle the problem of a plural subject, they start from the assumption of an I- form subject as a basic element in perception. They start from the assumption that a perception of a subject is private ad that the sole subject who is experiencing the world is living in his living body. Therefore, they assume a kind of “private” status of the subject’s perception and in the subject’s bodily life.
This assumption was quite valid in the past because nobody had a direct perception of something as if they were in someone other’s place. However, today this kind of privacy cannot be assumed so easily because there are new digital devices which aim to spy on everybody’s life as no previous technologies ever did.
Wearable computers are clearly designed to graft computer devices in our body and in our clothes intertwining the human body with digital technologies.
Even now our spatial position is recorded passively by personal devices such as our smartphone, but wearable computing will bring this embryonic feature to a higher level and they will spy on our life from the within of our body. For example, Google Glass will “mount” on us a webcam aiming to record our entire life, computerised bracelets will record our heartbeat and smart watches our hand gestures. Therefore, we cannot be blind to the possibility of having a shared experience where a whole community has access to our own vision, to our emotional state and to our hand gestures.
We have to take into account a we-form subject from the very beginning by analysing the possibility of having a common Leib and common experiences.
My analysis will study what these new technologies can do to our living body and if it is possible to talk of a common living body shared by an entire community who actually lives and perceives through us. Moreover, I will study if these new technologies can be seen as part of new computerised living body and if they work as digital organ mounted on us.
I will ask, and try to answer, these two questions.
Is it possible to have a common living body composed by shared perceptual digital organs?
Is it possible to have a Borg-like living body where the simplest thing as “your experience” turns into “our experience” and where the “I” has to be substituted by the “We” of “the Collective”?
[PR]
# by husserl_studies | 2015-02-02 13:02 | 研究発表要旨
第13回フッサール研究会シンポジウム「情動の哲学と現象学的感情論」
企画:八重樫徹(東京大学)
司会;榊原哲也(東京大学)
提題:服部裕幸(南山大学)、陶久明日香(学習院大学)、八重樫徹

開催趣旨
情動は、人間の心についての哲学的探究の中で、重要なテーマであり続けてきた。ブレンターノ、フッサール、シェーラー、ハイデガー、サルトルなど、現象学の伝統に連なる多くの哲学者も、情動についてそれぞれの立場から考察している。
他方、いわゆる情動の哲学(philosophy of emotion)に目を向けると、従来は主に心の哲学や認知科学の知見にもとづいて研究が進められてきたが、近年では扱われる主題も参照される文献も多様化し、現象学の伝統への参照も目立つようになってきた。ブレンターノやフッサールに手がかりを求めつつ感情と価値の関係を論じるKevin Mulliganの仕事(“From Appropriate Emotions to Values,” 1998; “Emotions and Values,” 2010)が、その一例として挙げられよう。英語圏における情動の哲学の第一人者だったPeter Goldieも、表立って現象学の伝統に依拠しているわけではないが、一人称視点の記述や情動の志向性の解明を重要視するなど、きわめて「現象学的」に見えるアプローチをとっている(The Emotions: A Philosophical Exploration, 2002)。
こうした状況の中、『シリーズ 新・心の哲学III 情動篇』(勁草書房)が2014年5月に刊行された。同書では、「情動とはなにか」「情動の志向性」「情動と人生の意味」「情動と不合理性」など、現象学者にとっても興味深いトピックが数多く取り上げられている。本シンポジウムでは、同書の共著者の一人をお招きし、英語圏の情動の哲学と、現象学的な感情論との対話をはかりたい。
[PR]
# by husserl_studies | 2015-02-02 12:59 | フッサール研究会
第13回フッサール研究会
● 日時: 2015年3月14日(土)‐15日(日)
● 会場: 慶應義塾大学三田キャンパス102番教室
http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
● 参加費: 1000円(資料代およびお茶代)
●共催:三田哲学会
● プログラム:

一日目(3/14)

12:00-13:00 受付
13:00-14:20 Nicola Liberati (中京大学) "The Borg-eye and the We-I. The production of a collective Leib through wearable computers and its knock-on effects.” (要旨
14:20-14:30 休憩
14:30-17:00 シンポジウム「情動の哲学と現象学的感情論」(開催趣旨
企画:八重樫徹(東京大学)
司会;榊原哲也(東京大学)
提題:服部裕幸(南山大学)、陶久明日香(学習院大学)、八重樫徹
17:00-17:10 休憩
17:10-18:30 特別講演 Nicolas de Warren (KU Leuven) “Trust in the World:
Original Doxa and Neutralization in Husserl's Phenomenology”
19:00- 懇親会
会場: 82 Ale House三田店
会費: 一人あたり4000円程度(参加人数によって若干の変動の可能性あり)
*参加予定の方は、3/7までに植村玄輝(uemura.genki[at]gmail.com)までおしらせください。


二日目(3/15)
10:00-11:20 高山佳子(大阪大学)「フッサールの倫理思想とケアの倫理―生活世界に位置づくケアの倫理の原理的探求に向けて」(要旨
11:20-11:30 休憩
11:30-12:20 ミーティング
12:20-13:20 昼食
13:20-14:40 石井雅巳(慶應義塾大学)「『全体性と無限』における享受論の実在論的読解ーレヴィナスはいかなる意味で現象学的か」(要旨
14:40-14:50 休憩
14:50-16:10 加藤康郎(慶應義塾大学)「現象学的美学の可能性について」(要旨
[PR]
# by husserl_studies | 2015-02-02 12:56 | フッサール研究会
第13回フッサール研究会のお知らせ(兼 発表募集)
皆様、

第13回フッサール研究会は、2015年3月14日(土)と15日(日)に、三田哲学会との共催で慶應義塾大学・三田キャンパスにて開催されることになりました。

つきましては、シンポジウムのテーマ・プラン、および、個人研究発表の募集を行います。
以下の要項をご覧の上、ご応募、ご提案をお願いいたします。
特にシンポジウムに関しては、皆様の斬新なアイディア、ご希望をお待ちしております。
【シンポジウムのテーマ・プランの募集】

★締め切り: 2014年11月15日(土)

★宛先: フッサール研究会連絡係・秋葉(nobita8877[at]gmail.com)

★応募要領: 上記宛先まで、次の三点をお知らせください。

 (1) テーマ・タイトル
 (2) パネリスト・司会者の候補(可能であれば、適任と思われる方のお名前を挙げてください)
 (3) その他(シンポジウムの内容に関する具体的アイディアなど)

ご提案は(1)のアイディアのみでも構いません。また、(3)について詳しい内容をお示しいただける場合は、800〜1000字程度の概要を添えてください。
皆様のご提案をもとに、企画実行委員会での審議の上で最終的に決定とさせていただきます。
その際、ご提案の一部のみを採用すること、また、応募多数の場合には採用を見送ることもありますので、あらかじめご了承ください。


【個人研究発表の募集】

★締め切り: 2014年12月10日(水)

★宛先: フッサール研究会連絡係・秋葉(nobita8877[at]gmail.com)

★応募要領: 上記宛先まで、次の四点をお知らせください。

 (1) 氏名
 (2) 所属(無所属も可)
 (3) 連絡先(メールアドレス、住所、電話あるいはファックスの番号など)
 (4) 論題と発表要旨(800〜1000字程度)

------------募集要項ここまで--------------

なお応募が多数となった場合は、お送りいただいた要旨とこれまでのご発表実績等に基づいて、発表者を調整させていただきます。あらかじめお含みおきください。

シンポジウム企画と個人発表の応募締め切りが異なっておりますので、ご応募の際はご注意ください。

多くの皆様からのご応募をお待ちしております。

2014年10月8日
フッサール研究会企画実行委員会一同
[PR]
# by husserl_studies | 2014-10-09 09:54 | フッサール研究会