<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
第六回フッサール研究会プログラム
3月17日(土)、18日(日)に関西大学セミナーハウス (飛鳥文化研究所)で開催される、第六回フッサール研究会のプログラムの詳細をお知らせします。


3月17日(土)
11:30-12:00
受付

12:00-13:00
昼食

13:00-14:20
江口健氏「フッサールにおける「原−自我(Ur-Ich)」の思想−『イデーンII』と『ベルナウ草稿』の狭間で−」 (要旨)

14:30-18:30 シンポジウム 「境界線上の現象学」
 提題者:
・河本英夫氏(論題)「システム現象学」
・加國尚志氏「現象学を離れる50の方法ーメルロ=ポンティの肉と生殖の非現象学」
・染谷昌義氏「知覚を認識論の軛から解放せよ_エコロジストが周囲環境にこだわる理由」
 司会:谷徹氏

18:30-19:30
夕食

20:00-21:20  
吉竹浩克氏 「『論理学研究』における知覚の構造について」(要旨)

21:30
懇親会


第2日目:3月18日(日)
08:00-09:00
<朝食・チェックアウト>

09:20-10:40 
小手川正二郎氏 「レヴィナスにおける還元の問い」 (要旨)

10:50-12:10 
佐藤駿氏 「知覚意味のダイクシス−ノエマにおける「指示」の問題 をてがかりに」 (要旨.)

12:10-13:00
昼食

13:10-14:30
南孝典氏 「『危機』における「カント批判」について」 (要旨)

14:30-15:00
ミーティング(来年度の世話人・幹事の決定と引継ほか)
解散
[PR]
by husserl_studies | 2007-01-12 00:06 | フッサール研究会
南孝典 「『危機』における「カント批判」について」
.

More
[PR]
by husserl_studies | 2007-01-12 00:01 | 研究発表要旨
佐藤駿 「知覚意味のダイクシス−ノエマにおける「指示」の問題 をてがかりに」
.

More
[PR]
by husserl_studies | 2007-01-11 23:59 | 研究発表要旨
小手川正二郎 「レヴィナスにおける還元の問い」
.

More
[PR]
by husserl_studies | 2007-01-11 23:55 | 研究発表要旨
吉竹浩克 「『論理学研究』における知覚の構造について」
.

More
[PR]
by husserl_studies | 2007-01-11 23:53 | 研究発表要旨
江口健「フッサールにおける「原−自我(Ur-Ich)」の思想−『イデーンII』と『ベルナウ草稿』の狭間で−」
.

More
[PR]
by husserl_studies | 2007-01-11 23:44 | 研究発表要旨
バックナンバー
創刊号(2003.3)
第2号(2004.3)
第3号(2005.3)
第4号(2006.3)New!!


*三村尚彦さんのご協力で関西大学のサーバに原稿を置かせていただいています。
[PR]
by husserl_studies | 2007-01-10 21:11