カテゴリ:未分類( 34 )
小手川正二郎 「真理と誠実さ:フッサール、レヴィナス、ウィリアムズ」
「真なることを語ること」とはいかなることか。「真なることを語ること」と「誠実さ」(sincerity)とはいかなる関係にあるのか。

本論は、フッサール現象学の真理論を独自の仕方で継承した E・レヴィナスの議論を通じて、こうした問いに答えることを試みる。実際レヴィナスは、『全体性と無限』(1961年) で現象学的な真理概念を吟味し直し、他人との人格的関係のうちに「〈同〉と〈他〉の関係の様態としての真理」(Emmanuel Levinas, Totalité et Infini, Den Haag: Martinus Nijhoff, 1961, livre de poche, p. 59)を見出している。そうして彼は、他人との人格的な係わりを言表内容の真偽に先立つ「誠実さ」(sincérité)と呼び、これが言表内容の真偽を条件づけていると主張する― ―こうした主張は、第二の主著『存在するとは別の仕方で』においても撤回されることなく、むしろ徹底されている(Emmanuel Levinas, Autrement qu’être ou au-delà de l’essence, Den Haag: Martinus Nijhoff, 1974, pp. 18; 65)。レヴィナスが「誠実さ」と呼ぶものは、いかなる事態を指 し、言表内容の真偽性をいかなる形で条件づけていると言えるのだろうか。こうした問いを考えるにあたって本論は、レヴィナスが絶えず参照し続けるフッサールの真理概念に立ち戻ると同時に、真なることを語ることと誠実さの関係について独自の考察を展開しているバーナード・ウィリアムズの議論(Bernard Williams, Truth and Truthfulness, Princeton: Princeton University Press, 2002, chap. 5)にあたることで、レヴィナスの考察の意義をより具体的な仕方で明らかにすることを試みる。
[PR]
by husserl_studies | 2016-01-21 19:59
成瀬翔「心的ファイルとノエマ」
「心的ファイルとノエマ」

成瀬 翔(名古屋大学文学研究科)

本発表は、分析哲学において研究が行われている「ファイル概念」とフッサール現象学との接点を明らかにすることを目指す。ファイル概念は哲学において新奇なアイディアではなく、グライスやストローソンによって60年代後半から70年代初頭に提唱され、確定記述の指示的用法や同一性言明を説明するために導入された。その後、指示の因果説を批判し、ファイルとその支配的源泉というアイディアを提唱したガレス・エヴァンズをはじめ、多くの研究がなされており、心の哲学においてもルース・ミリカンが個体概念の内容をファイルとして捉える研究を行っているように、狭義の言語哲学を越えてファイル概念は哲学において広く受け入れられている。

これらの研究を継承し、フランソワ・レカナティは「心的ファイル・フレームワーク(mental-file framework)」を主張する。レカナティの心的ファイルという概念は、特定の対象に関する情報をひとまとめにしておくために用いられるものであり、固有名の理解は、その音声によってしるし付けられたファイルと話し手がそこに収めている情報からなるとみなされる。レカナティによれば、心的ファイルはエヴァンズが主張する非記述的意義に他ならず、対象との「認識的に有益な関係(epistemically rewarding relation)」によって獲得される。そのようにして獲得された心的ファイルは単称名辞のように対象を直接的に指示するのではなく、そのファイルを制作する際に主体と対象の間の認知的関係によって個別化されたフレーゲの「意義」、ないしバイアーによるとフッサールの「ノエマ概念」に相当する役割を果たす(Beyer 2008)。

本発表ではレカナティの心的ファイルとノエマ概念の親近性を示し、フッサール現象学におけるノエマ概念をめぐる議論に新たな光を当てることを目指したい。

Beyer, B. (2008) Noematic Sinn, in F. Mattens (ed.) Meaning and Language: Phenomenological Perspectives Phaenomenologica Vol.187, pp. 75-88
Evans, G. (1982) The Varieties of Reference (edited by J. McDowell). Oxford: Clarendon Press.
Recanati, F. (2012) Mental Files. Oxford: Clarendon Press.
Smith, D.W.(1982), “Husserl and Demonstrative Reference and Perception”, in HICS, pp.193-213.
Smith, D.W. & McIntyre, R(1971), “Intentionnality via Intensions,” in The Journal of Philosophy, vol.LXVIII, pp.541-561.
[PR]
by husserl_studies | 2014-01-10 19:31
Andrea Altobrando "On a Possibility of a Phenomenological-Husserlian Monadology"
"On a Possibility of a Phenomenological-Husserlian Monadology"

Andrea Altobrando(日本学術振興会/北海道大学)


The terms “monad” has a peculiarly strong ontological as well as metaphysical “taste”. The fact that Husserl uses the term “monad” in order to describe the transcendental as well as empirical subject seems in fact to support the idea that his theory of the “phenomenological field of evidence” as well as of “subjectivity” (the two concepts often coinciding) leads to solipsism. This last is principally considered epistemological. Nevertheless, exactly the use of the term “monad” seems to suggest some sort of solipsism also from an ontological point of view. Quite bewildering is then that Husserl makes large use of this term in the 5th Cartesian Meditation, which is devoted to the analyses of intersubjectivity and to its establishment as most fundamental transcendental ground of knowledge and experience.

In order to understand if and how Husserl’s use of the term “monad” is consistent with his general phenomenological frames (especially “intuitionism” and “epoche”) and which can be the systematic consequences of the “monadological” view of subjectivity, I will briefly sketch the path of considerations and reflections which seems to lead Husserl to the adoption of the concept of monad in its phenomenological philosophy. I will show which can be some analogies with Leibniz’ conceptions, not in order to make a precise comparison between the two, but rather i) to better point out the peculiarities of Husserl’s framework and to ward off misunderstandings, as well as ii) to track down its possible inconsistences or aporias.
[PR]
by husserl_studies | 2014-01-10 19:30
『フッサール研究』第10号
特集「フッサールにおける自我と原自我をめぐって」
榊原 哲也 「フッサールにおける自我・反省・時間」...............................................................1

田口 茂 「拙著『フッサールにおける〈原自我〉の問題』について――四つのポイント――」 ....................13

吉田 聡 「自我への迂路――現象学における自我への問いの存立構造――」.................................31


研究論文
橋詰 史晶 「本質はどのように獲得されるか――自由変更による事実の乗り越えの可能性について――」.... 43

葛谷 潤 「『論理学研究』の志向性理論における「意味」と「充実化」」............................................61

山口弘多郎 「『危機』書における「生活世界の存在論」について」...............................................76

寺前典子 音楽経験の現象学的分析..............................................................................90

フッサール研究第10号 2013年3月 目次(PDF版)

★★
論文の著作権は各著者に属する。また無断転載を禁じる。

凡例
本誌におけるフッサールの引用・参照は、基本的に『フッサール全集』(Husserliana)
にもとづく。『全集』の巻数とページ数は、それぞれ大文字ローマ数字、アラビア数
字で示される。(ただし、編者による序文の引用・参照の際には、小文字ローマ数字
が用いられる。)なお、Husserliana Materialien からの引用にあたっては、巻数の前に
「Mat.」という略号が添えられる。
編集:佐藤駿
[PR]
by husserl_studies | 2013-03-21 12:44
【告知】Cologne-Leuven Summer-School in Phenomenology 2012:
Husserl-Archiv
Cologne-Leuven Summer School in Phenomenology:
Methods of Husserl's Phenomenology
16.-20. July 2012


This Summer School should give an overview over the basic methods of husserlian phenomenology. The courses will treat the descriptive method, intentional analysis, constitutional analysis, the eidetic method, the reductive methods, analysis of time, the role of fantasy in phenomenology, genetic analysis, life-world analysis, motivational analysis and egological analysis.
These methods will be presented in lectures, each day in the time 10-13.00 including discussions on this topics. In the afternoon in the time 15-17.00 there will be a textual analysis that should go into some details and in this way enhance the understanding.
The lecturers are: Prof. Dr. Nicolas DeWarren (Leuven), Prof. Dr. D. Lohmar (Köln), Dr. Andrea Altobrando (Padua), Dr. J. Brudzinska (Köln / Warschau), Dr. Dirk Fonfara (Köln), Dr. Alice Pugliese (Palermo) and Ina Marie Weber.

We are planning for a medium level that should inform intensively on the topic of methods in phenomenology but we are also open for discussions of methodical questions on the level of doctoral students and postdocs.

This course will be also handled as a "Hauptseminar" for the students of Cologne University. For students of the University of Cologne who want to reach a qualified certificate for this Hauptseminar a written paper on a topic to be determined is expected.

This international Summer School is open for students from all countries. The courses will be in english language.

Because we have no financial support to offer for participants we strongly encourage you to apply for short term grants at your university or other institutions.

Time: Monday-Friday 16.-20.July 2012
Each day: 10-13.00 and 15-17.00
Location: University of Cologne, Main Building, Room 4.016

IMPORTANT: Written registration is required because of limited capacities!
Registration is to be done before 31. May 2012 (deadline) with the secretary of the Cologne Husserl-Archive: monika.heidenreich@uni-koeln.de
[PR]
by husserl_studies | 2012-03-21 09:21
第10回フッサール研究会のおしらせ
● 日時: 2012年3月4日(日)

● 場所: 東京大学本郷キャンパス 法文2号館
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html
 二番大教室(法文の2号館の建物中央のアーケードから入り、階段を上がって二階にあります。)

● プログラム:

9:10-10:30 橋詰史晶(早稲田大学) 「本質はどのように獲得されるか−自由変更による事実の乗り越えの可能性について−」
10:40-12:00 葛谷潤(東京大学) 「『論理学研究』の志向性理論における「意味」と「充実化」」
昼食
13:00-14:20 山口弘多郎(大阪大学) 「『危機』書における「生活世界の存在論」について」
14:30-15:50 寺前典子(慶應義塾大学) 「音楽のコミュニケーションの分析—時間論・受動的綜合と楽譜」
16:00-18:30 シンポジウム「フッサールにおける自我と原自我をめぐって」
 パネリスト:榊原哲也、田口茂
 ディスカスタント:武内大 吉田聡
 司会:谷徹
 参考テキスト:榊原哲也『フッサール現象学の生成』(東京大学出版局)、田口茂『フッサールにおける<原自我>の問題』(法政大学出版局)


19:00- 懇親会
[PR]
by husserl_studies | 2012-02-29 00:01
『フッサール研究』 第九号 特集「心理療法と現象学」
目次

特集「心理療法と現象学」
池見陽「「フォーカシング」にみるユージン・ジェンドリンの現象学」

三村尚彦「そこにあって、そこにないもの――ジェンドリンが提唱する新しい現象学――」

論文
玉置知彦「現象學と唯識論――相關關係のアプリオリと唯識三性説――」


池田裕輔「非存在的現象学のためのプロレゴーメナ――「生」と「反省」をめぐるフッサールとフィンク――」


上島洋一郎「感情の志向性と感情の表現について--ディルタイとフッサールを比較して--」


小手川正二郎「真理と知――フッサールとレヴィナスの真理概念――」

凡例
本誌におけるフッサールの引用・参照は、基本的に『フッサール全集』(Husserliana)
にもとづく。『全集』の巻数とページ数は、それぞれ大文字ローマ数字、アラビア数
字で示される。(ただし、編者による序文の引用・参照の際には、小文字ローマ数字
が用いられる。)なお、Husserliana Materialien からの引用にあたっては、巻数の前に
「Mat.」という略号が添えられる。
編集:佐藤駿
[PR]
by husserl_studies | 2011-03-20 14:00
フッサール研究 第八号 特集「経験とは何か? 現象学的経験概念の批判的再検討」
まえがき

特集「経験とは何か? 現象学的経験概念の批判的再検討」
見いだされた経験
ラズロ・テンゲィ


現実的なものの斥けがたさ─フッサールの明証概念にもとづく「経験」の再定義─田口 茂


初期ハイデガーにおける現象学的経験概念―フッサール批判を通じての形成―池田喬


論文
フッサール倫理思想と超越論的現象学との接続点―『倫理学入門』におけるホッブズ批判を手がかりに―島田喜行


カテゴリー的直観とアプリオリな全体性―ハイデガーによるカテゴリー的直観の領得をめぐって―山下哲朗



初期デリダにおける超越論的哲学の問題
鈴木康則


志向が充実されるとはどういうことか:知覚の場合小林道太郎


ストレス現象とハイデガー ―ツォリコーン・ゼミナール(1959-1969 年)におけるストレス解釈をめぐって―伊藤良司

凡例
[PR]
by husserl_studies | 2010-03-25 21:40
【告知】フッサール研究会@明日香村
3月27日28日に開催されます。参加ご希望の方は、下記の方法でお申し込みください(締切2月12日)。
お知り合いの方への転送や各大学への掲示などをしていただければ幸いです。多数の方々のご参加をお待ちしております。

● 日時・場所

2010年3月27日(土)・28日(日)
関西大学飛鳥文化研究所(関西大学セミナーハウス
〒634-0123 奈良県高市郡明日香村稲淵
TEL 0744-54-4189 FAX 0744-54-3830
詳しくは以下のページをご覧ください。
http://www.kansai-u.ac.jp/Jigyo/seminar/asuka/asuka_gai.html

● 参加お申し込み方法

参加ご希望の方は、以下に必要事項(氏名、所属、連絡先、食事・宿泊の詳細○×で)をご記入のうえ、2月12日(金)までに連絡係・秋葉剛史さん(nobita8877@gmail.com)までお願いいたします。

--------------------------------------------------------------
ご氏名:
ご所属:
メールアドレスないし、他の連絡方法(電話、FAXなど):
緊急連絡先(携帯など):
3月27日(土) 参加( ) 昼食( ) 夕食( ) 懇親会( ) 宿泊( )
3月28日(日) 参加( ) 朝食( ) 昼食( )
---------------------------------------------------------------

● 料金等について

・料金は当日、研究会会場でお支払いいただきます。
・フッサール研究会名義での領収書が必要な方は、会場で発行いたしますので、お申し出ください。
・料金の概要は以下の通りです。
-宿泊代: 3150円
-食事代: 朝食530円、昼食630円、夕食1200円
-その他: 研究会第一日目夜の懇親会に参加される方には、懇親会費(含資料代)として、3000円(常勤職の方)/2000円(それ以外の方)を、懇親会に参加されない方には資料代として500円を、それぞれお支払いいただきます。
・最寄り駅(近鉄橿原神宮前駅)からセミナーハウスまでの交通手段については、追ってお知らせしますが、車での送迎希望の方には、交通費を分担していただくことになりますので、ご了承ください。


● プログラム(レジュメにリンクを張ってあります)

【第1日目:3月27日(土)】
11:30-12:00 <受付>
12:00-12:40 <昼食>
12:40-14:00 玉置知彦 「現象學と唯識論 ― 相關關係のアプリオリと唯識三性説」
14:00-18:00 <シンポジウム>
「心理療法と現象学」
提題者: 池見 陽、三村 尚彦、村上靖彦
司会: 浜渦辰二
18:00-19:00 <夕食>
19:00-20:20 越後正俊 「明証概念の帰趨 ― 『論理学研究』から『イデーンI』へ」
20:20- <懇親会>

【第2日目:3月28日(日)】
08:00-09:30 <朝食・チェックアウト>
09:30-10:50 池田裕輔 「エトムント・フッサールの超越論的観念論への「非存在的」批判としてのオイゲン・フィンク『第六省察』での超越論的方法論の理念」
10:50-12:10 上島洋一郎 「感情の志向性とその表現について ― ディルタイとフッサールを比較して」
12:10-13:10 <昼食>
13:10-14:30 小手川正二郎 「真理と知 ― フッサールとレヴィナスの真理概念」
14:30-15:00 <ミーティング>
<解散>


2009年12月26日
第9回フッサール研究会運営委員会(第9回フッサール研究会世話役:浜渦辰二)
[PR]
by husserl_studies | 2010-01-27 13:50
小手川正二郎
「真理と知――フッサールとレヴィナスの真理概念―― 」

フッサールが、『論理学研究』において提示した真理概念は、「対象性が存在するということは、何を意味するのか」という諸対象の存在の意味を問う次元を切り開き、後に真理概念に独自のアプローチを試みることになるレヴィナスにも決定的な影響を与えた。しかし、従来の研究は、レヴィナスがフッサールにおける理論的諸作用(判断作用や表象作用)への優越に対する批判から、独自の思想を発展させた点を明らかにするにとどまり、フッサールの真理概念がレヴィナスにおいていかなる意味で問題となり、いかなる仕方で交錯し合っているのかが語られないままになっている。本論は、フッサールの真理概念を巡る先行研究を参照しつつ、主にレヴィナス『全体性と無限』に絞って、フッサールの真理概念の射程とレヴィナスにおけるその捉え直しの意義を哲学的に検討することを試みる。

具体的には、まず『論理学研究』第六研究におけるフッサールの「ものと知性との一致(adequatio)」という伝統的真理概念の捉え直しを検討する。この捉え直しは、(語によって思念される)「志向的対象」と(想像や知覚において)「見られる対象」との区別を導入することによって、外的な対象と内的な表象との一致という考えを斥けることによってなされる。本論は、先行研究(Jocelyn Benoist, Entre acte et sens, Vrin, 2002.等)を活用しつつ、こうした捉え直しがボルツァーノやブレンターノの真理概念とどの点で異なるかを明らかにし、さらにはトマスにおける「一致」の意味に遡ってその意義を検討する。次に、レヴィナスが初期のフッサール研究において、『論理学研究』の真理概念を正確に捉えるだけでなく、『イデーンI』のドクサ的定立に至る、そこに孕まれた問題性を看取していたことを指摘し、こうした問題性をフッサールのテキストとつき合わせて論じる。さらにレヴィナスが『全体性と無限』において、言語活動と真理の関係を問い直すことで、フッサールの真理概念とトマスやプラトンに遡る古典的真理概念とを再考しているという解釈のもと、最終的にレヴィナスの真理概念におけるフッサールの真理概念の意義とその解釈の是非を吟味する。そうすることで、レヴィナスがフッサールの真理概念の認識論的性格を単純に批判したのではなく、むしろ「理論」の独自の解釈を踏まえて厳密な形で問題化していることを明らかにする。
[PR]
by husserl_studies | 2009-12-27 13:57