<< フッサール研究 第6号 特集「... 第7回研究会 タイトルと要旨集 >>
第7回フッサール研究会プログラム@八王子大学セミナーハウス
第1日目:3月15日(土)
11:30-12:00 <受付>
12:00-12:40 <昼食> 
12:40-14:00 玉置知彦、「現象學と唯識論 ―時間について―」
14:00-18:00 <シンポジウム> 
シンポジウムは、
、『フッサールと初期現象学』
吉川孝、「TBA」
植村玄輝、「現象学的判断論の展開:志向性理論から世界の存在をめぐる論争へ(フッサール、ライナッハ、インガルデン)」
八重樫徹、「行為・因果・責任―フッサールとプフェンダーの『動機づけ』概念をめぐって」



18:00-19:00 <夕食>
19:00-20:20   秋葉剛史、「トロープと部分概念」
20:20-  <懇親会>

第2日目:3月16日(日)
08:00-09:30 <朝食・チェックアウト>
09:30-10:50 富山 豊、「フッサール初期志向性理論における「志向的対象」の位置」
10:50-12:10  中山純一、 「発生的現象学における「愛」の在り処」
12:10-13:10 <昼食>
13:10-14:30  小林琢自、「フッサールの時間論とシュッツによる理解社会学の基礎づけについて」
14:30-15:00 <ミーティング・議論>       <解散>

下のエントリに発表要旨がリンクされています。
[PR]
by husserl_studies | 2008-01-12 10:25
<< フッサール研究 第6号 特集「... 第7回研究会 タイトルと要旨集 >>