<< 中山純一、「発生的現象学におけ... 玉置知彦、「現象學と唯識論 ... >>
シンポジウム『フッサールと初期現象学』
ここ四半世紀のフッサール研究において顕著な動向の一つとして,フッサールを広いいみでの初期現象学(ブレンターノ学派およびミュンヘン・ゲッチンゲン学派)との関係から解釈する路線を挙げることができる.(ロデリック・チザムやギド・キュンクによる先駆的な業績を例外とすれば)バリー・スミスやカール・シューマンなどによる80年代の仕事をきっかけにしたこの動向は,後期フッサールやハイデガーに由来するパースペクティヴからは決して得られない知見をフッサール研究にもたらしつつ,現象学と分析哲学を共通の平面で扱うという研究手法を飛躍的に洗練させることに成功した.(これら二つの点に関して最も成功しているのは,ケヴィン・マリガンのとりわけ近年の仕事である.)しかしながら,『イデーンI』以降のフッサールを低く評価し切り捨てる傾向のせいか,この動向は,あくまでも周縁的なものにとどまったまま下火になったようにも見える.だが,近年スミスやシューマンらの影響を受けた世代の台頭により,初期現象学とフッサールを巡る研究はふたたび盛り上がりを見せつつある.この新たな世代に属する研究者たちにとって特徴的なのは,すでに述べた旧世代の研究の美徳に加え,(多くのばあい批判的な観点からではあるが)いわゆる超越論的転回以降のフッサールにも正面から取り組めるだけの射程の広さである(この点でとりわけ注目に値するのは,ジョスラン・ブノワとアルカディウス・フルヅィムスキである)本シンポジウムでは,上で言及した新旧の仕事をふまえつつ,いくつかの異なった主題に関する報告を行いたい.それらの報告の共通の狙いは,初期現象学の研究がフッサール研究にとってどれだけ実り豊かであるかを示すことにある.

報告予定者:植村玄輝,八重樫徹,吉川孝
[PR]
by husserl_studies | 2007-12-19 09:28
<< 中山純一、「発生的現象学におけ... 玉置知彦、「現象學と唯識論 ... >>