<< 峯尾幸之介「M・ガイガーによる... フッサールの新資料を読む(6)... >>
第15回フッサール研究会
●日時: 2017年3月25日(土)

● 会場:東京大学 法文2号館 一番大教室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html

● 参加費: 500円(資料代およびお茶代)

● プログラム:

10:00-10:30 受付
10:30-11:50 植村玄輝(岡山大学)「フッサールによる「世界無化」の考察は何をどこまで示したのか:『イデーンI』§§47–49再訪」(要旨
11:50-12:30 ミーティング
12:50-13:30 昼食
13:30-14:50 峯尾幸之介(早稲田大学)「M・ガイガーによる価値美学の基礎づけ」(要旨
14:50-15:00 休憩
15:00-18:00 シンポジウム「知覚は誤らないのか:エコロジカル・アプローチをめぐって」(主旨文
提題:染谷昌義(高千穂大学)、葛谷潤(日本学術振興会特別研究員)、小草泰(慶應義塾大学)
司会:富山豊(東京大学)
18:30-20:30 懇親会(会場未定)
[PR]
by husserl_studies | 2017-02-14 23:06 | フッサール研究会
<< 峯尾幸之介「M・ガイガーによる... フッサールの新資料を読む(6)... >>