<< 第14回フッサール研究会シンポ... 林遼平 「『危機』における「関... >>
第14回フッサール研究会
第14回フッサール研究会
日時: 2016年3月11日(金)‐12日(土)
会場【変更されました】立命館大学衣笠キャンパス 末川記念会館 第三会議室立命館大学衣笠キャンパス 存心館 803教室
http://www.ritsumei.ac.jp/campusmap/kinugasa/
参加費: 1000円(資料代およびお茶代)

プログラム(タイトルをクリックすると、各発表の要旨を見ることができます)
3/11
12:30-13:00 受付
13:00-14:20 栁川耕平(立命館大学)「フッサール初期時間論から中期時間論への予持概念の変化
14:20-14:30 休憩
14:30-15:50 小手川正二郎(国学院大学)「真理と誠実さ:フッサール、レヴィナス、ウィリアムズ
15:50-16:00 休憩
16:00-18:30 シンポジウム「〈間主観性の現象学〉とその地平」
 提題:鈴木崇志(京都大学・日本学術振興会),田口茂(北海道大学)
 コメンテーター:浜渦辰二(大阪大学)
 司会:佐藤駿(東北大学)
*シンポジウム開催趣旨はこちら
19:00-21:00 懇親会(会場は未定ですが、立命館大学衣笠キャンパス近辺のお店にて、4000円程度の会費で行う予定です)
参加希望者は、なるべくはやめに幹事松井(matsui.t.m.takaaki[at]gmail.com)までご連絡ください。

3/12
10:00-11:20 綿引周(東北大学)「超越論的現象学は超越的認識の「謎」を解きうるのか
11:20-11:30 休憩
11:30-12:20 ミーティング
12:20-13:20 昼食
13:20-14:40 林遼平(神戸大学)「『危機』における「関心」分析と現象学の関心について

特別講演(主催:立命館大学間文化現象学研究センター)
15:00-17:00 Inga Römer(ヴッパタール大学) “From Kant to the Problem of Phenomenological Metaphysics. In memory of László Tengelyi”
Römer氏の講演会のあとに、立命館大学間文化現象学研究センター主催による懇親会が開かれます。こちらに参加希望の方は、1月中に担当者の植村(uemura.genki[at]gmail.com)までご連絡ください(3/11夜のフッサール研究会の懇親会については上記を参照してください)。
[PR]
by husserl_studies | 2016-01-21 20:11 | フッサール研究会
<< 第14回フッサール研究会シンポ... 林遼平 「『危機』における「関... >>