<< フッサール研究会特別企画「田口... フッサール研究第12号(2015) >>
フッサール研究会特別企画「フッサールの新資料を読む(4):『生活世界』」
2015年11月6日(金)、18時〜21時
同志社大学 室町キャンパス 寒梅館6階 大会議室
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/muromachi.html

企画・司会:植村玄輝
報告者:吉川孝(高知県立大学)、*山口弘多郎(大阪大学)

開催趣旨
今世紀に入ってからのフッサール研究に特有の事情の一つとして、全集『フッセリアーナ(Husserliana)』をはじめとした一次資料の刊行される勢いが明らかに増したということがあげられる。1950年の刊行開始から2000年までのちょうど50年では、(分冊も別々に数えるならば)合計32冊が全集として世に送り出されており、フッサールの一次資料が公になるペースは、平均すると一年に0.64冊でしかなかった(『フッセリアーナ記録集(Husserliana Dokmente)』第三巻として刊行された全10冊の書簡集のうち、索引を除く9冊をそこに加えたとしても、平均刊行ペースは一年に一冊に満たない0.82冊である)。それに対して2001年から2015年までの14年間では、『フッセリアーナ』として14冊、2001年に新設された『フッセリアーナ資料集(Husserliana Materialien)』として9冊が出版されている。つまり今世紀に入ってからは、一年に約1.71冊というそれまでの三倍弱(あるいは二倍以上)のペースで一次資料が新たに登場しているのである。もちろんこれらの資料には分量にも難度にもばらつきがあるため、単純な計算だけから結論を導くことはいささか安易ではある。だがそうはいっても、気づけば次の巻が出ているというここ十年あまりの状況を目の当たりにして途方に暮れたフッサール研究者は少なくないのではないだろうか。これでは全部を読むことはもちろん、読んだふりをすることさえできないよ、と。

以上のような事情によりよく対処することを目的した研究会の第四弾として、今回は『フッセリアーナ』第39巻『生活世界:先立って与えられる世界とその構成に関する考察』(2008年刊)を取り上げる。これまでに刊行された全集のなかで分量が一番多い——編者序文と原文校訂注を含むと1000ページを超える——この巻は、メインタイトルからは若干わかりにくいのだが、さまざまなトピックを扱う草稿を収めている。それらの草稿で緩やかに共有されている問題は、この巻のサブタイトルにもあるように世界の現象学的な構成分析である。(この点を少しわかりにくくしているようにも見える『生活世界』というメインタイトルは、おそらく、ここでとりわけ問題になる世界が直観によって与えられ、そのかぎりで学問以前の世界であるためだろう。)本研究会では、この巻を二人の報告者による分担で、二つの角度から取り上げる。まず山口が、前半部(第I–III、V–VI部)を中心に「生活世界と周囲世界」というテーマで報告を行う。次に吉川が、後半部(第IV、VII–X部)を中心に「確実性、真理、規範」というテーマで報告を行う。これらの報告によって、この巨大な巻の見取り図がえられることが期待される。

タイムテーブル
18:00~18:10 司会者による趣旨説明とイントロダクション
18:10~18:50 報告1:山口弘多郎
18:50~19:30 報告2:吉川孝
19:30~19:45 休憩
19:45~21:00 ディスカッション
[PR]
by husserl_studies | 2015-10-01 18:36 | フッサール研究会特別企画
<< フッサール研究会特別企画「田口... フッサール研究第12号(2015) >>